カテゴリ:カードレビュー > Natureカード

スクリーンショット 2018-08-02 21.20.02














Natureの1コストユニット。

毎ターン追加のエネルギーを生み出してくれるドルイド


Natureの強さを支える重要ユニット。
次ターンから相手よりも重いカードを使えるようになる。

ユニットの重要性が大きいNovablitzでは、
相手より強いユニットを出せることがかなり強力である。

このユニットがいると、常に相手よりひと回り大きなユニットを出せるので、
相打ちを恐れずに攻撃し続けることができるようになる。

Natureの優遇されたサイズも相まって、地上戦ではかなり押しやすくなるだろう。


Evadeのお陰で除去耐性も高く、除去カードを撃たれてもすぐに落ちることはない。
Enlarge等による強化元としても悪くないユニットである。


ちなみに、このカードから2ターン目にLeyline Druidを出すのは極めて強力。
全カードを3コスト以上にしてしまうため、相手は2ターン目に何もできなくなる。

どちらともEvade持ちなので、除去することもままならないだろう。


スクリーンショット 2018-07-28 12.38.39












Natureの1コストパワー。日本語にすると「もつれ」

通常は対象ユニットにcan't attackを付加するだけだが、
Flying持ちの場合は破壊する。


Flyingユニットの対策として有効なカード。
Flyingさえ持っていれば、相手がどんなサイズであっても1発で落としてくれる。

フィッシャーとして採用されるユニットはしばしばFlyingを持つため、
そういったユニットを1コストで落とせるのは心強い。

他のカードでEvadeを剥ぐ必要はあるが、Blood Lord対策としても有効だろう。

ただ、破壊効果はあくまでFlyingユニットの場合だけなので、
相手がFlyingに頼らないデッキの場合は腐ってしまうことも多い。

ゴブリンデッキのように全力で地上から攻めてくる相手の場合は、
他のカードと入れ替えたほうが懸命だろう。


ちなみに、もともとFlyingを持つユニットであっても、
ピュリファイされた後だとFlying持ちとは見なされない。

本体攻撃を防ぐために一旦ピュリファイで対処してしまうと、
後からTangleを引いても落とすことは出来なくなってしまう。




スクリーンショット 2018-07-28 11.04.18












Natureの1コストパワー。イラスト的に「活力」と訳すのが良いだろうか。

自分のエネルギーを回復することができるカード。

他のカードで消耗したエネルギーを最大値まで回復することが出来る。
エネルギーの最大値が大きいときほど得られるエネルギーは多い。

中盤から終盤で、コストの大きいカードを連発したい時に有効だろう。

回復しても手札にカードがないと意味がないので注意が必要。
序盤に手札を使い切ってしまうようなデッキだと入れる意味は薄い。

ドローカードを使った後にこれを使い、
引いたカードをプレイするというのは悪くないかもしれない。


ちなみに、Verdant Druidなどによって追加で得られるエネルギーは、
回復できるエネルギーの上限には含まれない。

5ターン目開始時に、Verdant Druidによって6エネルギーが使えた状況でも、
それらを一旦消費した後だと、Replenishを使っても5エネルギーまでしか回復しない。

Verdant DruidやWave Elementalで得られるのは一時的なエネルギーであって、
ターン進行によって得られるエネルギーとは別枠のようである。

Proliferateだとエネルギーの最大値を増やすことが出来るので、
Replenishによる回復量も増やすことが出来る。


スクリーンショット 2018-07-26 21.33.46












Natureの1コストパワー。直訳は「群れによる狩り」

対象のユニットに、自分の場にいるユニット数の2倍のダメージを与える。

自分のユニット数を参照する特殊な除去パワー。
場にユニットが居ればいるほど与えるダメージが増加する。

2体ならば4点で1コスト相当、6体いると最大の12点となり5コスト相当のダメージとなる。

ユニット数を参照するため、自分の場にユニットが居ないと使えないのがデメリット。
Judgementなどで流された後に引くと悲しい思いをする。

終盤までユニットが揃うのを待ってから使うよりは、
序〜中盤の適当なタイミングで消費してしまったほうが安全だろう。


同じくユニット数を参照する除去としてWeirdboltがある。
こちらは相手のユニット数を参照するため、相手がたくさん展開しているほど効果が大きくなる。



スクリーンショット 2018-07-25 21.35.13












Natureの1コストユニット。ミノタウロスの祈祷師
 
味方のNatureユニットが場に出たとき、そのHealthを+2する。

後続のNatureユニットをより頑丈にするユニット。
同コストのユニットと当たっても、大概は生き残るようになる。

強化されるのはNatureだけなので、Nature中心のデッキのほうが効果を得やすい。

Natureのユニットはもともとサイズが大きめなこともあり、
このユニットの効果が乗ると、ダメージで倒すのはかなり難しくなる。

特に、Regenerate持ちや、能力が有益なユニットを強化できることが強力で、
相手の火力や、Health参照系のパワーをかいくぐれるようになる。

ダメージで死ににくくなるため、より躊躇せずに相手を攻撃しやすくもなるだろう。


Minotaurという種族は、このゲームだとかなり有能である。

このカードはもちろん、同族のMinotaur ChargerやMinotaur Guideもよく見る。

ちなみにChaosのWarlord GrumaxもMinotaurである。


↑このページのトップヘ