カテゴリ:カードレビュー > Natureカード

スクリーンショット 2018-09-24 12.13.58












Natureの3コストユニット。
日本語にすると「締め付けるもの」

攻撃時に、相手の最も強いユニットへcan't attackを付加する。

 
相手の攻撃を抑止しつつアタックできるユニット。

能力を活かすにはこちらが先に攻撃する必要があるため、
Initiativeを取れていることが前提条件となる。

can't attackなので、相手のブロックまでは止められないのがやや残念だが、
サイズは平均的なので、同コストなら一方的にやられるという場面は少ないだろう。

相手の方がサイズが小さいときなら一方的に討ち取れるため、
その能力を最も活かすことができる。


スクリーンショット 2018-09-18 22.38.16













Natureの3コストパワー。
日本語にすると「擬態」 

自分の場にいる全ユニットにEvadeを付加する。


自分のユニットを相手のパワーや能力から守るカード。

1回限りではあるが、味方ユニットを相手の除去などから守りたい場合には有効。

ただ、NatureにはEvade持ちのユニットが複数いるため、
単純に相手の除去対策で入れるなら、それらのユニットを組み込んでしまうことの方が多い。

中盤以降で、除去やピュリファイされたくないユニットが居る場合は入れておくといいだろう。


スクリーンショット 2018-09-17 17.08.16













Natureの3コストパワー。
日本語にすると「生物発生」

対象ユニットにRegenerateを付加した後、
自分の場にいるRegenerate持ちユニットをコピーし、手札に加える。
 

少し特殊な過程を踏むコピーカード。

対象ユニットにRegenerateを付加した後にコピーするのだが、
その際に既にRegenerateを持つユニットがいる場合はそれもコピーする。

単純にRegenerateを付加してコピーするだけでもなかなか強力だが、
他のRegenerate持ちのユニットを出しておけば、それもコピーできてお得になる。

中終盤に複数体のユニットを並べた後に、
息切れ防止として主要なユニットに使うのがよくある使い方だろう。


これとMaster Zirellの組み合わせはかなり強力。

全体にRegenerateが付加した後、コピー効果がユニット毎に発生するため、
自分の場にいるユニット数の2乗枚のカードを手にすることができる。

単体だとサイズアップこそないものの、ほとんど無尽蔵なユニット展開が可能になる。



スクリーンショット 2018-09-05 22.05.08












Natureの3コストユニット。
日本語にすると「太古の卵」

死亡時した際に、自分のデッキの一番上にあるユニットを場に出すことができる。


自身は無力だが、破壊された際に他のユニットを場に出せるカード。

出せるユニットのコストには制限がないため
一番上にありさえすれば、どんなユニットでも場に出すことができる。

コストの重いユニットを無償で出すための手段としてよく使われる。

卵以外のユニットを出したいユニットに絞っておけば、
それなりの確率で卵から場に出すことができるだろう。


このカードをキーとして序盤からKaijuを出そうというのが、
通称「カイジューデッキ」のコンセプトである。

デッキの構成は様々だが、大体2-4ターン目には卵を割り始め、
それなりの確率でKaijuを降臨させてくる。

そこまで確実な方法では無いのだが、決まった時のインパクトが大きいため
初見でやられた時の絶望感がトラウマになっているプレイヤーも少なくないだろう。


ちなみに、場に出せるユニットはデッキの中で最も上にあるユニットカードであり、
必ずしもデッキトップがユニットカードである必要はない。

デッキの一番上から探して、最初に見つかったユニットを場に出しているのだろう。


スクリーンショット 2018-09-01 9.38.56












Natureの2コストパワー。
日本語にすると「静寂」

相手の全ユニットをピュリファイする。


相手のユニットを全てバニラにしてしまうカード。
複数体の能力持ちやサイズアップした相手にまとめて対処することができる。

ユニット自体は残ってしまうが、
能力中心のユニットであればほぼ無力化できると言って良いだろう。

2コストと軽い上に、相手側だけを対象とすることが極めて強力。
相手側だけを機能停止させた上で、こちらのユニットの能力を発揮することができる。

Natureで能動的に使える唯一のピュリファイカードなので、
Natureを使う際にはぜひ数枚入れておきたい。


当然ではあるが、Evade持ちのユニットは一発でピュリファイすることが出来ない。

他のパワーなどで予めEvadeを剥がしておくか、
Tranquilityを撃った後に他の除去で対処する必要があるだろう。

相手全体のEvadeを剥がすことができるので、その後の全体除去は通りやすくなる。
 

↑このページのトップヘ