カテゴリ:カードレビュー > Arcaneカード

スクリーンショット 2018-09-10 22.08.22












Arcaneの3コストパワー。 
日本語にすると「アーケインのブースト」

相手ユニット全体を-1/-1修正しつつ、自分のエネルギーの最大値を1増やす。


各アスペクトに1枚ずつあるブーストカード。
Arcaneは、相手ユニットのサイズを下げつつエネルギーを増やす。

相手全体に効果があるため、ゴブリンのように横展開してくる相手にはそれなりに有効。

ただ、それでもコストの割には効果が小さいので、
サイズダウンよりもエネルギーの方を有効活用出来るといいだろう。

ArcaneならCircle of Powerのようなコスト低下のカードを使えるため、
それらを併用しつつ相手とのエネルギー差を広げていくのは良いかもしれない。

サイズダウンの効果も、Plague of Weaknessなどと組み合わせればシナジーが見込めるだろう。


スクリーンショット 2018-09-01 11.07.59












Arcaneの2コストユニット。
日本語にすると「絶え間ないゴーレム」

このユニットが場に出た際、自分の墓地にある同名のユニットを全て手札に戻す。


同名のユニットが場に出るたび、墓地から何度も復活するユニット。
条件付きではあるが、能力のおかげでかなりしぶとく残ってくれる。

攻撃的なサイズであるため打点が高く、2-3コストの相手であれば相打ちを取りやすい。
後から復活できる可能性があるため、相打ちを取られてもこちらはあまり痛くない。

タイプがConstructであるため、Constructのシナジーを受けることができる。
特に死亡時に誘発する能力が多いため、復活能力との相性はかなり良い。

うまく能力を発動させつつ戦線を維持できれば、
相手の方から自然と息切れしてくれるだろう。
 

復活する能力は場に出た際に発動するため、
手札にこのユニットが居なくなると次の復活が出来なくなってしまう。

1体目は通常の運用で問題ないが、2体目を引いた際はすぐに場へ出さず、
1体目が墓地に落ちるのを待ってから2体目を場に出すとよいだろう。




スクリーンショット 2018-09-01 10.40.02












Arcaneの2コストパワー。
日本語にすると「運命のねじれ」

自分の手札をすべて捨て、捨てた枚数+1枚のカードを引く。


自分の手札をリフレッシュできるカード。

捨てるカードは選べないが、不要なカードが溜まった時に使えば、
他の欲しいカードに変えられる可能性がある。

手札から墓地にユニットを置けるため、
Rose from the Graveなどでコストを無視して釣り上げる戦法にも利用できるだろう。


呪いや爆弾といったマイナス効果のカードも、手札の一部としてカウントされる。
それらを押し付けられた時に使えば、逆に他の有効なカードに変えることができる。





 

スクリーンショット 2018-08-26 12.47.01












Arcaneの2コストユニット。
日本語にすると「特異な思考」

極端なサイズを持つ、Lifelink付きのFlyingユニット。


耐久性を限界まで削ることにより、
FlyingとLifelinkという2つの能力を得たユニット。

ブロックされづらい上に本体が回復するため、
ダメージレース的にかなり有利を取ることができる。

一方、耐久性はほぼ無いため、
Dwarf GunnerやShockwaveなどの1点で簡単に落ちてしまう。

また、Weakness Witchなどの弱体化があると、場に出ることすら出来なくなる。

場にいられる限りは強力だが、破壊される時は一瞬なので、
扱いにはかなり注意が必要なユニットだろう。


相当特殊な部類のユニットなので、相手によってその評価がかなり変わる。

相手がShockwaveのようなダメージをばら撒くカードを搭載しているなら、
他の堅実なユニットに入れ替えたほうが活躍してくれるだろう。

逆に、そういったダメージばら撒き系のカードが無く、単体除去がメインなら、
このユニットを入れていても余計なアドバンテージは取られないだろう。




スクリーンショット 2018-08-24 21.55.55












Arcaneの2コストユニット。
日本語にすると「呪文の織り手」

自分がプレイするパワーのコストを1下げる。


プレイするパワーのコストを下げるユニット。
これ場にいる限り、自分が使う全てのパワーのコストが1下がる。

1ターンにプレイできるパワーを増やすことができるので、
除去しつつドローするといった、マルチな行動が可能になる。

コストが軽く、サイズも硬めなので、
コントロール系の序盤のユニットとしてうってつけだろう。


このユニットは現在手札にあるパワーのコストを下げるため、
Korgon of the Spiresによってコピーされたカードのコストも下げることができる。

同種のカードであるCircle of Powerの場合は、
これがプレイされた段階で手札かライブラリーにあったカードが対象となるので、
後からコピーされて手札に入ったカードのコストは下がらない。


↑このページのトップヘ