カテゴリ:カードレビュー > Arcaneカード

スクリーンショット 2018-11-10 11.08.47













Arcaneの3コストユニット。
日本語にすると「腐敗の王」

他の味方ゾンビユニットに+1/+1修正を与えるとともに、
毎ターンの開始時に3/3のゾンビユニットを1体場に出す。


毎ターンゾンビを生成するユニット。
強化修正も与えるため、4/4のゾンビが毎ターン生まれることになる。

そこまで大きなサイズではないが、
毎ターン生まれるため地道にアドバンテージを稼ぐことが出来る。

そのままブロッカーとして相手の攻撃を止めるのに使っても良いし、
Reapなどでほかカードに変換しても良いだろう。

Lantern Lichで毎ターン生贄にするのも悪くない。

ただ、自身のサイズが小さいため、相手の火力などで比較的除去されやすい。

生まれるゾンビも、終盤になるほどサイズ不足となるため、
場を埋め尽くすほどになるなら、他のユニットに譲ったほうがダメージ効率が良いだろう。


スクリーンショット 2018-11-05 22.31.41












Arcaneの3コストパワー。
日本語にすると「空中浮遊」
 
全ての味方ユニットにFlyingを付加する。


味方ユニット全体を浮遊させるカード。

通常の盤面ならFlying持ちは1-2体程度のことが多いため、
こちらの攻撃はほぼ一方的に通るようになる。

ただ、こちらのユニットが通るようになったとしても、
相手のユニットはブロックしなければならないため、
実際に攻撃できるのはサイズの大きい数体程度になることが多い。

また、基本的に効果がユニットに依存するカードであり、
複数枚引いても手札で腐ってしまうことがデメリット。

なるべくDouble AttackやInfiltrateを持つユニットへ使用して、
本体へ攻撃が通るメリットを生かしていきたい。


スクリーンショット 2018-11-04 14.55.38












Arcaneの3コストユニット。
読み方は「ランターンリッチ」

2コスト支払って対象の味方ユニットを生贄にすることで、
相手本体に4点ダメージを与え、自分のライフを4点回復する。 


起動型能力で相手のライフをドレインできるユニット。

味方ユニットを犠牲にする必要はあるが、
ゾンビなどの不要なユニットを対象とすればそれほど痛くない。

毎ターン能動的に生贄とすることができるため、
Last Deathを持つユニットと相性が良い。

Necromancerや、Apprentice Necromancerを生贄にし、
アドバンテージを得つつ、相手のライフを削っていきたい。


スクリーンショット 2018-10-08 14.33.23












Arcaneの3コストユニット。
日本語にすると「魔法の鎧」

Armor 4により、受けるダメージが4点軽減される。


高いArmor値を持った強固なユニット。
打点こそ低いものの、1-2コストのユニットであればほぼ無傷で受けられる。

タイプがConstructなので、なるべく関連する他カードと組み合わせていきたい。
ArcaneであればTar Golem、ChaosならClockmaker Toxなどが良いだろう。

素のサイズが小さいため、Cull the WeakやBrutalizeには注意が必要である。



スクリーンショット 2018-10-08 0.35.07












Arcaneの3コストユニット。
日本語にすると「エルフの守護者」

かなり固めなサイズを持つバニラのエルフ。


Nova Blitzではおそらく唯一のエルフユニット。
固いサイズのおかげでかなりしぶとく残ってくれる。

カードが揃っていない序盤のうちは、地上の壁としてそれほど悪くない。

ただ、やはり能力がないのは厳しいので、
ある程度カードが増えたらLantern Lichなどの能力持ちと入れ替えることになるだろう。


↑このページのトップヘ