カテゴリ:カードレビュー > Divineカード

スクリーンショット 2018-08-16 12.16.14












Divineの2コストユニット。
日本語にすると「悪魔崇拝者」

場に出た際に1/1のVictimを呼び出す。


サイズは平均的だが、Victimのおかげで1体以上の働きをする。

単純な打点でも3コスト相当であり、防衛時も2体分守ることができる。
Orc Captainのようなユニット毎の効果とも相性が良い。

Eye FriendやVengeanceのお供としてもベストなユニット。
Victimを生贄にすればほぼ損がない。

Divineをデッキなら、デッキタイプを問わず採用する余地があるだろう。


スクリーンショット 2018-08-16 11.46.53












Divineの2コストパワー。
日本語にすると「悪魔の契約」 

カードを4枚引いた後、手札1枚につき2点のライフを失う。


ライフと引き換えに手札を補充するカード。
引ける枚数は多いが、失うライフもまた多い。

手札の枚数で失うライフが決まるため、
手札を消耗した中盤以降に使いたい。

ただ、最低でも8点のライフロスは避けられないため、
他のカードでライフを補充する必要はあるだろう。


バーンデッキを相手にする場合は、プレイ後のライフ量に注意が必要である。 
10点を割るような状況だと、回復する前に火力でトドメをさされる可能性がある。

 

スクリーンショット 2018-08-13 16.31.25












Divineの2コストパワー。 日本語にすると「弱者選別」

Healthが6以下のユニットを全て破壊する。


小型ユニットに対する代表的な全体除去。
1-3コストのユニットならほぼ破壊することができる。

ゴブリンのように小型のユニットを並べてくる相手には極めて有効。
コントロールのように立ち上がりの遅めなデッキなら是非入れておきたい。

後半に引いたとしても、小型のユニットのみを除去するカードとして需要がある。
盤面が有利になった後に、相手の小型ブロッカーを排除するために使える。

コンバットなどでHealthが減ったユニットを除去するためにも使えるだろう。


こちらのユニットも効果範囲に入ってしまうため、
序盤から小型のユニットを展開するような構成だと相性が良くない。

こちらはパワーや大型ユニット、破壊されても問題のないユニットを中心に組んでおきたい。


Healthを参照する効果であるため、Defensive Formationなどで味方側だけを強化しておけば、
相手側のユニットだけを一方的に破壊することもできるだろう。

 

スクリーンショット 2018-08-05 13.35.15












Divineの2コストユニット。直訳は「角の信奉者」

味方の悪魔が場に出るたびに打撃力が上がるユニット。


Acolyte of Halosの対となる存在。
こちらはDemonが場に出るたびにStrengthが+3される。

1体のDemonが出るだけでも3-4コスト相当になるのでなかなか強力。

2ターン目にこのユニット、3ターン目にDemon of Greedあたりへ続くのが良いだろうか。
どちらもコモンなので、カードが揃っていなくても狙いやすい。

Healthは増加しないため、同じDivineのHealth参照系カードとは相性が良くない。
Arcaneと組んで、Strength参照系のカードと組み合わせると良いだろう。

Levitationなどで回避能力をつけてあげれば、サイズを本体ダメージへ転化しやすくなる。


スクリーンショット 2018-08-05 13.00.41












Divineの2コストユニット。直訳は「光輪の信奉者」 

味方の天使が場に出るたび元気になるユニット。


天使に対する信仰心からか、味方のEngelが出るたびにHealthが+3される。

素だと平均的なサイズだが、
天使を出し続ければかなりタフなユニットへ成長するだろう。

Healthが増えていくので、Cull the weakとは相性が良い。
天使が1体以上出た後なら効果範囲外になってくれる。

Lord of Heavenが出ると、ダメージも回復するせいで一気にHealthが増加する。


Acolyte of Hornsとは対になるユニットでもある。
あちらはDemonが出るたびにStrengthが増加していく。











↑このページのトップヘ