カテゴリ:カードレビュー > Divineカード

スクリーンショット 2018-08-18 17.08.55












Divineの2コストユニット。
日本語にすると「霧の魔女」

場に出た際に、パワーを使えなくする呪いカードを相手に押し付ける。


相手のパワーを妨害する魔女。
呪いを処理しない限り、相手はパワーをプレイできなくなる。

呪いを処理するためにはコストがかかるため、
その分、相手のテンポを遅らせることができる。

パワーカードに依存したデッキにはかなり有効。
うまく除去などを妨害できれば、こちらのユニットを守ることにもつながる。

Minotaur Guideと組み合わせれば、相手は呪いを処理するだけで1ターン消費することになる。


ちなみに、呪いカードもパワーカード扱いらしく、Deja Vuなどでコピーすることができる。

相手がKorgon of the Spiresを出している状況だと、
1度呪いを処理してもそのコピーが手札に入ってしまう。

コピーができるのは最初の1回だけだが、相手は2倍の処理コストを支払うことになる。


スクリーンショット 2018-08-18 11.17.25












Divineの2コストパワー。
日本語にすると「聖なる稲妻」

対象のユニットかプレイヤーに5点ダメージを与えつつ、
自分のライフを5点回復する。 


Divineだと唯一の単体火力。

回復しつつユニットを除去できるため、
ダメージレースをかなり有利にすることができる。

PainbringerやDemon Contractといった、
ライフ損失系カードのサポートとしても有効。

Divineで数少ないプレイヤーに飛ばせる火力なので、
Soul Swap後のトドメとしても用いられる。


同じ2コスト火力であるTeddy Bombとの比較は面白い。

あちらは6点ダメージなので3コストユニットまで焼けるが、
こちらは5点なので2コストユニットまでしか安定して焼けない。

Teddy Bombは消費エネルギー的に、
Holy Boltはダメージレース的に優位を取るカードだと言えるだろう。


スクリーンショット 2018-08-17 20.20.37












Divineの2コストユニット。
日本語にすると「天界の警備隊」

Double Blockを持つ上に、ブロック毎にHealthが+2される。


ブロックに特化した守備向きなユニット。
2体ブロック可能な上に、ブロックするたび頑丈になっていく。

小粒なユニットを得意とするため、分裂ゴブリンに対してめっぽう強い。
Gobline Rabbleはもちろん、Goblin Warbandであっても受け止めることができる。

ただ、素のサイズはそれほど大きくないため、火力にはあっさりやられてしまう。

このカードで時間を稼ぎつつ、Cull the Weakを後ろで構えられるのが理想的だろう。


スクリーンショット 2018-08-17 14.47.25












Divineの2コストユニット。
日本語にすると「祈祷師」

6/4という攻撃的なサイズが特徴。


能力はないが、2コストにしては高い打撃力を持ったユニット。

相手が3コストユニットであっても相打ちを取れる可能性が高いだろう。

反面、Healthは平均以下であるため、
相手ユニットに対して一方的に勝てる場面はあまり多くない。

生き残れればラッキー程度にして、
基本的には相手ユニットと相打ちを狙っていくのが妥当だろう。


スクリーンショット 2018-08-16 20.12.03












Divineの2コストパワー。
日本語にすると「嫌悪」

相手の手札とライブラリの全ユニットを対象として、
そのStrengthとHealthを-1する。


相手のユニットサイズを小さくするカード。
今後出てくるユニットはひと回り小さいサイズとなる。

地味な修正値ではあるが、同サイズだったユニットを一方的に倒せるようになるのは強力。
1-3コストの範囲であれば、1コスト上の相手でも渡り合えるようになるだろう。

既に場に出ているユニットには効果がないため、なるべく早い段階でプレイしておきたい。


このカードをユニット化したのがWeakness Witchである。

呪いカード化したため解除できるようになってしまったが、
ユニットが場に出るため隙が生じにくくなっている。

 

↑このページのトップヘ