カテゴリ:カードレビュー > Divineカード

スクリーンショット 2018-09-24 16.21.02












Divineの3コストユニット。
日本語にすると「カルト教団のリーダー」

ターン開始時に1/1のVictimが場にいなかった場合、
それを1体場に出す。


ターン開始時に1/1のVictimを生み出すユニット。
ただし、それが既に場にいる場合は新しく生成されない。

1体限りではあるが、毎ターン1/1のユニットが生成されるので、
それをVengeanceやEye Fiendといった生贄を要するカードで利用することができる。

上記のカードとDemonistも一緒に入れておき、
Victimを通じたシナジーを活用するデッキにすると面白いだろう。


スクリーンショット 2018-09-24 11.20.15












Divineの3コストパワー。
日本語にすると「懲罰」

相手が持つ手札1枚につき、相手本体に2点のダメージを与える。


手札の枚数×2倍のダメージを相手へ与えるカード。

相手がコントロールデッキであれば、素で使っても10点以上を与えることがよくある。
逆に、手札を使い切ってしまうようなデッキが相手だと、大ダメージは望めない。

相手の手札の枚数を参照するため、呪いカードを押し付けるWitch系とは好相性。
相手の展開を妨害しつつ、Chastiseのダメージを引き上げてくれる。

相手にもよるが、Witchデッキで割と不足しがちなダメージソースを補ってくれるだろう。


スクリーンショット 2018-09-17 10.10.11












Divineの3コストユニット。
日本語にすると「死を統べる者」

死亡した際に、自分の墓地に存在するユニットのLast Breath能力を発動させる。


墓地にいるユニットの能力を発動させるユニークなユニット。
墓地にあるLast Breath持ちを参照するため、その数が多い時ほど死亡時の効果も多くなる。

Last Breath持ちが1枚程度のときはそれほどでもないが、
複数枚溜まった時の効果はかなり強力。

序盤からコンバットや何らかの効果で墓地に溜め込んでいき、
中盤以降にそれらを再利用する戦略がよく取られる。


このカードをキーとして組まれたのが「Last Breathデッキ」である。

Sanctum HealerやApprentice Nectomancerといった軽めのユニットを展開しつつ、
中盤以降にそれらの能力を再利用することでアドバンテージ差を広げることを目的としている。



スクリーンショット 2018-09-02 12.38.51












Divineの2コストユニット。
日本語にすると「虚弱の魔女」

このユニットが場に出たとき、
「場に出たユニットを-1/-1修正する」呪いカードを相手の手札に押し付ける。


相手に弱体化の呪いを押し付ける魔女。
相手が呪いカードを所持する限り、相手の場に出るユニットは弱体化の修正を受け続ける。

2ターン目から展開される弱体化は、相手によってはかなり効果的。

同サイズだったユニットを一方的に倒せるようになるため、
その後のコンバットをかなり優位に進められるようになる。

相手は3コスト支払ってこの呪いを解除することができるが、
エネルギーを消費する分展開が遅れるため、終盤まで解除できないことが多い。

自身が守備向きなサイズを持っていることもあり、
序盤からアグレッシブなデッキにはかなり良く効いてくれるだろう。


Mist Withと共に、Minotaur Guideとは素晴らしい相性を発揮する。
相手のカードプレイ数を制限するため、呪いを解除すると他のカードをプレイできなくなる。

Claliaを使って再発動させると、相手は複数枚の呪いの処理に追われることとなる。















スクリーンショット 2018-08-19 11.01.19












Divineの2コストパワー。
日本語にすると「浄化」

対象ユニット1体をPurifyしつつ、カードを1枚引く。


任意のユニットをPurifyできるカード。
Purifyされたユニットは初期サイズへ戻ると共に、保持している能力を全て失う。

厄介な能力を2コストで無力化できるかなり重要なカード。
破壊こそ出来ないものの、対象に制限がないので汎用性が高い。

存在意義が能力に依存したユニットほど、これで無力化した時のリターンが大きい。

カードを1枚引ける上に、現行だと撃つ対象に困らないので、
なんとなく入れておいても活躍してくれるだろう。


PurifyされたユニットをReinforcementsなどで手札にコピーすると、
その能力は中途半端に残った状態となる。

白文字で書かれたユニット固有の能力は封じられたままになるが、
FlyingやFrenzyといった汎用能力は何故か機能するようになる。

Mirror Imageで場に直接出した際はこういった現象が起こらず、
コピーの状態はオリジナルのそれと一致する。


Purifyされたユニットが墓地に落ちると、Purify状態は解除されるようである。

Rise from the Graveなどで場に出すと、
サイズは初期のものに戻ってしまうが、能力は使えるようになっている。




↑このページのトップヘ