カテゴリ:カードレビュー > Chaosカード

スクリーンショット 2018-08-16 20.55.09












Chaosの2コストユニット。
直訳は「ドワーフの射撃手」

場に出た時に相手の全ユニットと本体へ1点ダメージを飛ばす。


2コスト相応のサイズを持ちつつ、相手全体にダメージを与えるユニット。

単体だと地味なダメージではあるが、
蓄積したダメージにより、ほか火力による除去範囲を広げることができる。

相手全体に効果が及ぶため、Evadeを一気に剥がせるほか、
ダメージを負わせることによってFinal Blowの対象とすることもできる。

このユニットで相手ユニットに負荷をかけつつ、
ほかのパワーなどで致命打を与えていくのが理想的な流れだろう。


薄く広くダメージを与えるため、Armorを持ったユニットとは相性が良くない。

例えばShieldcaster Mechに能力を1回でも使われてしまうと、
ほかユニットには全くダメージが入らなくなってしまう。




スクリーンショット 2018-08-12 12.07.40












Chaosの2コストユニット。「機械仕掛けのオーク」といったところ。

Frenzyを持った小型のConstruct。


サイズは平均的だが、FrenzyのおかげでStrengthが上昇する。
半端なダメージだと打撃力が上がって、逆に強くなる。

Rocket Sledがスピード(Initiative)で打点を高めるのに対して、
こちらは被ダメージに対するカウンター的に打点が上がる。

Constructのシナジーを受けることができるので、
Clockmaker ToxやMegaZeppelinが場にいると更に強力になる。

2ターン目にClock-w-Orc、3ターン目にClockmaker Toxという動きはなかなか強力である。



スクリーンショット 2018-08-05 21.52.16












Chaosの2コストパワー。日本語でも「ブーストジュース」で良いだろう。

一時的に追加エネルギーを得ることができるカード。


2コストで4エネルギーを得られるため、
通常よりも2コスト重いカードをプレイすることができる。

2ターン目に撃てば、Primal HunterやChaos Avatarを出せるため、
手札さえ揃えばかなりの破壊力をもたらしてくれるだろう。

一方、得られるエネルギーは一時的なものであり、
出したユニットなどを処理されると、手札2枚分を無駄にすることとなる。

Evadeなどの除去耐性を持っているか、
1枚で2-3枚分の働きをしてくれるユニットを出せると無駄になりにくいだろう。


天敵となるのはMinotaur GuideやLeyline Druidなどのユニット。

特に前者は呪文数を制限してくるため、
Boost Juiceを使っても次のカードがプレイできなくなってしまう。



スクリーンショット 2018-08-05 20.56.18












Chaosの2コストユニット。そのまま「ボムジャグラー」で良いだろう。

毎ターン相手の手札に爆弾を投げ込む爆弾魔。


爆弾は、2コスト払うと相手に押し付けられるが、
そのまま持っているとターン終了時に爆発して4点ダメージを受ける。

このユニットは、ターン開始時に相手の手札へ爆弾を押し付けるため、
毎ターン相手に2コストか4点ダメージの択を迫ることができる。

また、タイプがGoblinであるために、Goblin Battle Cryで呼び出すことも可能である。

素だと2コストにしては控えめなサイズだが、
Goblin Battle Cryで呼ばれたあとなら3コスト相当のサイズになる。

1ターン目のGoblin Battle Cry、2-4ターン目Bomb Jugglerと展開すれば、
盤面と爆弾で同時に攻められるのでなかなか強力である。


ちなみに、爆弾の処理コストはSpellweaverなどの能力で下げることが可能である。
こちらだけSpellweaverを出しておけば、爆弾の押し付け合いを有利にすることができる。

逆に、Leyline Druidを出しておくと爆弾の処理コストを上げることができる。
他カードのコストも3以上になるため、相手としてはかなり処理しづらくなるだろう。

Minotaur Guideなら、爆弾を処理するか、4点食らって他カードを出すかの択になる。


スクリーンショット 2018-07-29 19.54.49












Chaosの1コストユニット。ユニブラスター

死亡時に相手のライフを3点削ることができる。 


攻撃的なChaosを象徴するようなユニット。
コンバットで倒されても確実にライフを削ってくれる。

タイプがConstructであるため、
Clockmaker ToxやMegaZeppelinによる強化を受けられることが特徴。

特にMegaZeppelinによる効果が重なると、
このユニットが1体死亡するだけで、7点のダメージを与えることができる。

ライフが少なくなった終盤なら、サイズは小さくとも存在するだけで圧力がある。


Constructでは最軽量のユニットであり、
序盤のAssembler Antonから呼ばれることも比較的多いユニットである。


↑このページのトップヘ