カテゴリ:カードレビュー > Chaosカード

スクリーンショット 2018-09-17 12.59.38












Chaosの3コストユニット。
日本語にすると「組み立てる者、アントン」

場に出た際に、現在の最大エネルギーよりもコストが小さいConstructからランダムに1体を選び、
それを場に出す。


場に出た際に追加でConstructユニットが1体付いてくるユニット。

素のサイズは小さいが、追加で出てくるConstructのおかげで2枚分働いてくれる。

3ターン目に出したとしても、2コスト以下のユニットが得られるため、
合計の打点としては3コストの平均を超える場合が多い。

4ターン目以降であれば、CyclopultやMegaZeppelinといった高打点なユニットが範囲に入る。
Goblin Warbandと違い、後半になるほど効果が大きくなることが強力である。


シナジーを活かせるConstructデッキではかなり強力な1枚。
Clockmaker Toxと並んで、打点の強化しつつ息切れを防ぐことに貢献してくれる。



スクリーンショット 2018-09-02 12.45.05












Chaosの2コストパワー。
日本語にすると「奇妙な稲妻」

ユニット毎に1点ずつ増加するダメージを相手全体に与える。


相手全体にダメージを与えるが、
与えるダメージはその順番に依存する特殊な火力。

例えば相手ユニットが2体の時は、ダメージを与える順番をランダムに決めた上で、
1つ目の対象に2点、2つ目の対象に3点、3つ目の対象に4点という形でダメージを与える。

与えるダメージは大きくないが、相手側にだけダメージを与えるため、
小粒なユニットを並べられた際には、一方的な全体除去として機能してくれる。

生き残ったユニットがいたとしても、半壊程度のダメージは受けるだろう。


相手のデッキによってその効果が分かれやすいので、
よく戦う相手のデッキに合わせて、その投入量を変えたほうが良いだろう。

スクリーンショット 2018-08-26 13.56.31












Chaosの2コストパワー。
日本語にすると「時間停止」

対象ユニット1体を選び、それ以外のユニットをスタンさせる。


1体のユニットを残して、他をスタンさせるカード。

周りを時間停止させて、
そのユニットだけが自由に動ける状況をイメージしているのだろう。

こちらのユニットに使うことにより、相手のユニットを停止させて、
その攻撃を防いだり、相手プレイヤーを直接攻撃することができるようになる。

打点の高いユニットを通すために使われることもあるが、
遅めのデッキに入れて、序盤から中盤の攻撃を防ぐといった用途が多いように思う。


プレイ時に場にいたカードだけが対象となるため、
後から場に出したカードはスタンしない。

このカードをプレイした後に自分のユニットを出せば、
味方の動けるユニットを増やすことができる。

 

スクリーンショット 2018-08-25 12.29.21












Chaosの2コストパワー。
日本語にすると「くま人形爆弾」

対象のユニットかプレイヤーに6点のダメージを与える。


Novablitzにおける最も基本的な単体火力。
序盤のユニットなら大体は対処することができる。

効果としては単純だが、2コストで3コストのユニットを焼けることが重要。
差分の1エネルギーでこちらは追加の行動をできる可能性がある。

中盤以降は本体火力としてトドメに使われる。


ダメージ系の除去なので、Armorが付いたユニットは除去しづらい。

強化パワーなどによるサイズアップも厳しいので、
強化される前に打ち込むか、ピュリファイを併用するなどの工夫が必要になる。


Boom Tinkererから得られるカードの1枚でもあり、
得られるカードの中では1番の当たりである。







スクリーンショット 2018-08-25 10.18.59












Chaosの2コストユニット。
日本語にすると「蒸気翼の偵察兵」

Flying持ちの小型ユニット。


軽い上にFlying持ちなので、序盤から相手を殴りやすい。
他のカードで強化して殴ればなかなか強力だろう。

Chaosは強化パワーに乏しいので、NatureやTechと組み合わせて使いたい。


素のHealthが2なので、相手のHellfire Cultistには注意が必要である。
強化前にうっかり倒してしまうと、このユニットも落とされてしまう。

また、ダメージやコスト的にOrc Berserkerとも相性が悪い。

↑このページのトップヘ