カテゴリ:カードレビュー > Chaosカード

スクリーンショット 2018-10-06 20.08.04












Chaosの3コストユニット。
読み方はおそらく「サイクロポルト」

1コスト支払うと相手本体に3点ダメージを与えつつ、
相手のライブラリに1/1のサイクロプスを加える。


相手のライフを削りつつ、
相手のライブラリにほぼ無意味なカードを紛れ込ませるユニット。

単なるダメージだけではなく、ライブラリに無駄カードを増やしていくため、
相手が今後引くカードの質を落とすことができる。

3コストとしては平均以上の打点を誇るため、
相手のユニットが手薄ならコンバットでも活躍してだろう。

ただ、耐久力はさほどでもないため、
討ち取られる可能性があるなら、無理にアタックはしないほうが無難である。

基本的には能力メインで生き残らせつつ、隙を見て攻撃にまわるのが良いだろう。


タイプを活かすならConstructデッキに入れるべきだが、
能力自体はConstructと結びついていないため、他のデッキタイプでも活躍できる可能性がある。


スクリーンショット 2018-09-24 11.49.44












Chaosの3コストパワー。
日本語にすると「機械修理工、トックス」

味方ConstructのStrengthを+2しつつ、
それらが死亡した際にカードを1枚引くことができる。


味方のConstructを攻守ともに強化するカード。
打点を引き上げるとともに、倒されても手札を補充できるようになる。

相手ユニットと相打ちを取りやすくなり、かつ、倒されてもドローが付いてくるため、
コンバットで戦う度に相手のカードリソースを消耗させることができる。

効果の通り、Constructデッキではキーカードとなる1枚。
Constructに不足しがちなサイズとドローをどちらも補ってくれる。


対戦している相手からすると、真っ先に破壊したいカードの1つだろう。

Healthは高いのでダメージには強いが、
ピュリファイやBrutalizeなどには弱いので注意が必要である。


スクリーンショット 2018-09-20 21.37.29












Chaosの3コストパワー。
日本語にすると「突撃」

ターン終了時まで、味方ユニット全体のStrengthを+4する。


1ターンだけ味方全体の打撃力を大幅に強化するカード。
ゴブリンのように数を並べるデッキと相性が良い。

相手のブロッカーを数体突破できるような状況で使えば、
相手本体に大打撃を与えられるだろう。

ただし、ユニットが場にいないと無駄カードになってしまうので、
相手の全体除去などには注意が必要。

デッキのユニット数が少なくても効果を発揮できないので、
なるべくユニット多めな構成にしておきたい。


スクリーンショット 2018-09-19 22.30.14












Chaosの3コストパワー。
日本語でも「カオスブースト」だろう。

自分の最大エネルギーを+1しつつ、
相手ユニットからランダムに1体を選び、スタンさせる。


各アスペクトに存在するブーストカードの1枚。
Chaosのブーストは相手ユニットをスタンさせる。

対象こそ選べないものの、
相手を一時停止させる効果はブーストと相性が良い。

スタンで時間を稼ぎつつ、次ターンのより強力なカードに繋げていきたい。








 

スクリーンショット 2018-09-17 22.20.10












Chasoの3コストパワー。
日本語にすると「大群の呼び声」

自分のデッキに存在するStrengthが10以上の全ユニットを対象とし、
それらのコストを-2すると共に、デッキトップ方向へ6枚分移動させる。


デッキに存在する巨大ユニットのコストと位置を操作するカード。

6枚分移動なので確実ではないが、
以後のドローでは巨大ユニットをより引きやすくなる。

コストも-2されるため、3ターン目にこれを使えば、
4ターン目には6コストのユニットを引いてプレイできる可能性がある。

現実的なコストの範囲だと、各アスペクトに存在するドラゴンや、
DivineのArchangel、Lord of Hell当たりが候補だろうか。

使ったとしても一定の不確定性があるため、
どういった状況でも、出したら勝ちと言えるような強力なカードを呼べるのがベストだろう。


ちなみに、Wave Elementalに使えばプレイコストを実質0でプレイすることができる。

Warlord Grumaxだと自身が3コスト以下になるため、
自身が場に出た際に11点ダメージを相手ユニットに飛ばすことができる。
 

↑このページのトップヘ