カテゴリ: カードレビュー

スクリーンショット 2018-10-07 16.06.23












Arcaneの3コストパワー。
日本語にすると「生命吸収」

相手の最も弱いユニットを破壊し、
さらにそのStrengthに等しいライフを得る。


相手のユニットを破壊しつつライフを回復できるカード。

対象を選べないのは不便だが、
うまく決まれば相手のテンポを大きく削ぐことができる。

終盤までゲームを長引かせたいコントロールデッキなどでよく採用される。

相手が1体だけ出しているときならそれを確定で破壊できるので、
Cull the Weakなどで他のユニットをあらかじめ破壊しておくといいだろう。


巨大化したBlood lordなどを破壊すると、一気に数十点回復できる場合がある。
手札の少ない終盤にやられると、相手は悶絶ものだろう。



 

スクリーンショット 2018-10-07 13.26.54












Divineの3コストパワー。
読み方は「ディバインブースト」

自分のエネルギーの最大値を+1しつつ、ライフを6点得る。


各アスペクトにあるブーストカードの1枚。
Divineのブーストはライフを6点得ることができる。

ライフゲインである程度延命できるので、
多少盤面が押されていてもプレイしやすいことがメリット。

このカードで時間を稼ぎつつ、次ターンに全体除去などで盤面を制圧し、
その後は増えたエネルギーで優位に展開する、といった流れができる。

ただ、効果自体は盤面に直接影響しないので、
他の除去などの枚数を揃えておくことと、なるべく手札を切らさないような工夫は必要だろう。


スクリーンショット 2018-10-07 13.17.01












Divineの3コストユニット。
日本語にすると「欲深い悪魔」

能力を持たないバニラのDemon


能力は持たないものの、かなり攻撃的なサイズを持つユニット。

同コスト帯はもちろん、4コストが相手でも相打ちを取れることが多いだろう。

素でもそれなりに使えるが、Demonのシナジーを活かせるとより理想的。
Acolyte of HornsやDamnationと合わせて使っていきたい。


スクリーンショット 2018-10-07 12.59.42












Divineの3コストユニット
日本語にすると「契約の悪魔」

毎ターンの開始時に自分のライフを5点失う。


サイズは巨大だが、毎ターンライフを失うという痛いデメリットを持つユニット。

回避能力を持っていないため、
小型のユニットで止められ続けるとこちらのライフのほうが減っていく。

単体で使うのはなかなかリスクを伴うため、
使うとすればHoly Boltのようなライフゲインのあるカードと組み合わせたい。

または、Purifyなどで能力を消してしまうのもありだろう。


スクリーンショット 2018-10-07 12.57.18












Divineの3コストユニット。
日本語にすると「死印の魔女」

攻撃時に相手の手札へ「死印の呪い」カードを追加する。
 

相手の手札に呪いカード(Curse)を押し付けるWitchの一種。
このユニットの呪いを持っていると、ターン終了時にダメージを受ける。

与えるダメージ量は手札にある呪いカードの枚数によるようで、
例えば手札に計3枚の呪いがあれば、「死印の呪い」1枚につき3点のダメージとなる。

レジェンドなのが玉に瑕だが、Witchデッキでは貴重なダメージ源となるカード。
なるべく3枚揃えてデッキに組み込んでおきたい。


↑このページのトップヘ