カテゴリ: カードレビュー

スクリーンショット 2018-07-21 13.42.05










 

Techの0コストパワー。日本語訳でも「オーバーショック」でいいだろう。

対象ユニット1体をスタンさせるか、すでにスタンしている場合は破壊する。


0コストで任意ユニットをスタンできるパワー。
こちらの展開を遅らせずに、相手ユニットを妨害することが出来る。

他のスタンカードやAegis Eliteと合わせれば、除去カードとしても働いてくれる。

Techには複数のスタンカードが存在するが、
このカードは0コストであることと、条件付きで確定破壊となることが優位点となる。

0コストで任意ユニットを対象に取れる唯一のカードでもあり、
1ターン目に出てきたVerdant DruidのEvadeをこれで剥がしつつ、
Zombifyなどで除去するという芸当も可能である。

Goblin Fireworksでも可能ではあるが、Overshockの方が確実性の点で優れている。


スクリーンショット 2018-07-21 12.26.15












Chaosの0コストパワー。4点のダメージを相手ユニットへランダムに振り分ける。

日本語訳は「ゴブリンの花火」といったところか。

対象には相手本体も含まれているため、
相手のユニットが居ない場合は、4点すべてが本体へ飛ぶ。

ランダムゆえの不確実さが玉にキズだが、0コストのためこちらの展開を阻害しない。
1点でも飛べば効果を与えたことになるので、Evade剥がしに活躍することがある。

構築で入れるとすればバーン寄りのデッキであろうか。
Chaos Avatarの展開を早められるのもメリットとして大きいかもしれない。

0コストで手札を消費できるため、手札の枚数を参照するJusticeとの相性は良好である。
相手のEvadeを剥がせる可能性もあり、盤面に対する影響も大きくなりやすい。

Boom Tinkererの能力で得られるカードの一枚でもあり、どちらかといえば当たりに相当する。
Teddy Bombには及ばないが、相手にダメージを飛ばせるのは大きい。

どうもこんにちは。

唐突ですが、今度からカードレビューを始めてみたいと思います。

これまではデッキレベルで書いてきましたけど、
カードレベルで紹介していくのも面白いかなあ、と思いました。

カードの特徴とか、使える場面、デッキなどを書いていく予定です。
興味があったら読んでみてください。


↑このページのトップヘ