カテゴリ: カードレビュー

スクリーンショット 2018-10-10 23.10.52












Chaosの3コストユニット。
読み方は「ゴブコプター」

1コスト支払うと、対象のユニット1体に2点ダメージを与える。


任意のユニットにダメージを飛ばせるFlyingユニット。
ドライバーはゴブリンでも、タイプ的にはConstructに属する。

3コストにしては小ぶりなサイズだが、Flyingでブロックされづらいことと、
2点ダメージを飛ばせることがなかなか便利。

Flyingでクロックを刻みつつ、瀕死のユニットにとどめを刺したり、
相手のEvadeを剥がすのに利用するといいだろう。

Clockmaker Toxなどで強化すれば、倒されてもそれほど気にならなくなる。





 

スクリーンショット 2018-10-09 20.03.59












Natureの3コストユニット。
日本語にすると「鍛え上げるバーバリアン」

このユニットの次に攻撃した味方ユニットに、
永続的な+2/+2修正を与える。


攻撃時に味方を強化するユニット。

単体では平均的な打点だが、
他の攻撃ユニットいる状態だと実質8点相当の打点となる。

Orc Captainと比べると効果が単体に絞られているが、
その分Healthも上がるので、ユニットが生き残りやすくなる。

永続的な強化が強力であり、単体でも遜色がないサイズであるため、
3コストのユニットとしてはかなり優秀な部類だろう。


ちなみにこのユニットの能力文は、
一見すると強化効果が1ターン限りのように見えるかもしれない。

やや分かりづらい文章ではあるが、
この英文で「this turn」が修飾しているのは「attack」である。

与えられる+2/+2修正については特に期限が書かれていないため、
その効果自体は永続的なものだと解釈することが出来る。


スクリーンショット 2018-10-08 19.38.57












Techの3コストパワー。
読み方は「フォースフィールド」

1ターンだけ、全味方ユニットにArmor 10を付加する。


プレイしたターンだけ、味方の耐久力を大きく引き上げるカード。

大概のユニットはStrengthが10以下なので、
このカードを使ったあとはほとんどダメージを受けなくなる。

お互いにユニットを並べた膠着状態なら、
このカードから一方的な攻撃に転じることが可能だろう。

ただ、味方ユニットが場にいないと効果がないことや、
勝ちに直結するようなダメージを与えるカードでもないため、
これ単体だと使う場面を見出すことがなかなか難しい。

一応、Regged To BlowやCoal Colossusなどの全体ダメージから、
味方ユニットを守るためのカードしては用途があるかもしれない。


スクリーンショット 2018-10-08 18.53.43












Techの3コストユニット。
読み方は「フライボーグ」

Flyingを持つサイボーグ。


Flyingによりブロックされづらい中堅ユニット。
相手にFlyingが居なければ、毎ターン6点クロックを刻んでくれる。

Flying以外の特徴は特に無いが、
カードが揃ってないうちは飛行部隊の一員として役立ってくれる。


スクリーンショット 2018-10-08 15.18.58












Natureの3コストユニット。
日本語にすると「炎斧のバーバリアン」

ダメージを与えたユニットをPurifyする。


ダメージを与えた相手の能力を消すユニット。

一方的に討ち取られても相手を無能力化できるため、
相手にサイズの大きいユニットが居てもブロックされづらい。

また、ブロック時にも能力が発動するため、
相手は能力持ちのユニットで攻撃しづらくなる。

自身の打点も平均以上であり、能力ともにバランスが良い。
とりあえず3コスト帯に迷ったらこれを入れても問題ないだろう。


同コストであるForge Barbarianとの選択は、相手によって変わるだろう。

単体としての性能はFlameaxe Barbarianが上だが、
他ユニットがいる状況ならForge Barbarianの方がダメージ総量で優れている。

↑このページのトップヘ