どうもこんにちは。

先日、Friday Night Blitz 5 と Super Nova Sunday 3 というトーナメントに参加してきました。
優勝することができたので、記念に使っていたデッキをご紹介します。

使っていたのは「赤単Constructs」というデッキです。
50









このデッキは、赤単らしくとてもシンプルで攻撃的なデッキです。

序盤からConstructを中心に展開していって、
それらを《ClockMaker Tox》や《MegaZeppelin》で強化していくのが基本的な戦略です。
47












Constructで特徴的なのは、それが死亡する時に誘発する能力です。

《Uniblaster》や《MegaZeppelin》は死亡時に相手のライフを削るため、
単に除去するだけでも相手にとってはプレッシャーになります。

特に《MegaZeppelin》が場にいる状態での全体除去は、
他のConstructを巻き込んで、相手のライフの半分近くを奪うこともあります。

《ClockMaker Tox》は死亡時に1枚ドローを付加してくれるため、
中盤以降の継続的な展開を可能にします。

50











このデッキは典型的なアグロ系であるため、
序盤から如何に早く展開し、相手のライフを削るかが大切です。

その速さをさらに追求するために入れているのが《Boost Juice》になります。

1ターン目に《Uniblaster》、2ターン目に《Boost Juice》から《Chaos Avatar》という流れは、
相手の序盤の戦略を破綻させるだけの力があります。

また、《Suprise Attack》を3-4ターン目に撃つことも可能にするため、
通常は5ターン目に警戒されるところを、予想外のターンから撃つことができます。

アグロ系相手に3-4ターン目何もできないというのは結構致命的なので、
うまく当たればそのままゲームを持っていけるでしょう。
57



















序盤は、1-2ターン目にConstruct、3ターン目にToxを出せることが理想的で、
Toxの影響下でコンバットを続けていけば、相手の方が自然と息切れします。

ある程度ライフを削れた状態でZeppelinを出せれば、
相手がうまく処理できない限り、それでゲームセットになるでしょう。

一方、こちらにとって嫌な展開は、ToxやZeppelinといったキーとなるUnitを優先的に破壊されることです。

Constructはタイプ間のシナジーで優位になっている面が大きいので、
それを除いたUnit単体としてのスペック勝負になると、劣勢になることが多いです。

中盤にサイズ負けする可能性を考慮しても、序盤から攻撃的にライフを削りにいく姿勢が大切だと思います。
火力は多めに入れているので、Zeppelinがいなくても、最後の10点程度は削りにいけるはずです。


今回のデッキは、速さと、ぶっちゃけ単色の潔さを優先して作られてます。
相手の戦略は速度で破壊するスタイルなので、そういうのが好きな方は楽しくプレイできるでしょう。

デッキとしての丸さを出すなら、多色化して《Betrayal》とかPurify系を入れると良いかもしれませんね。