どうもこんにちは。

今回は赤緑Jugglerというデッキをご紹介します。

11









赤紫アグロはユニットコントロールを中心として盤面を作っていくデッキですが、
相手がコントロール寄りのデッキだと、中盤以降を押しきれないことがよくあります。

そんな対コントロール戦の弱さを埋める案の1つが、この赤緑Jugglerです。

21











コントロールデッキを相手にしていてよくあるのは、
しぶとい小型ユニットでこちらの攻撃が止められてしまうことです。

序盤に十分なダメージを与えられないために、中盤以降の盛り返しを許してしまいます。

このデッキでは、序盤のダメージ源として《Bomb Juggler》を採用しました。

Jugglerはユニットで止まられても爆弾によるダメージがあるため、
相手のライフを削りやすいことが特徴です。

特に《Goblin Battle Cry》から展開していくと死にづらいサイズになるため、
盤面もより押しやすくなります。

Jugglerを中心に序盤の攻勢を作るのが、このデッキの基本的なコンセプトです。

45











Jugglerを活かすためのカードとして、《Minotaur Guide》を採用しています。

Guideは1ターンに使える呪文数を制限します。

相手が爆弾を処理しようとすると、それも呪文としてカウントされてしまうため、
相手は爆弾を処理しづらくなります。

Jugglerとシナジーしつつ、相手の行動を制限することが主な役割です。

相手が呪文を打った後にこのカードを出すと、ターンが強制終了するため、
相手のテンポを崩す手段としても強力です。

57












《Leyline Druid》も相手の行動を制限するカードです。

全てのカードを強制的にコスト3以上にする能力のおかげで、
爆弾のコストが3になり、相手は爆弾処理がしづらくなります。

呪文コストを下げて連打してくるタイプのコントロールにも、
コスト変更の能力は有効に働きます。

Evadeも持っているため、相手の全体除去を気にせず展開できることも強いです。

53



















このデッキの理想的な流れは、序盤から上記のユニットを展開して行くことです。

Jugglerで爆弾を押し付けつつ、本体にアタックを数回通せればベストです。

Battle Cryで手札を1枚ロスすることもあり、Jugglerを丁寧に除去されてしまうと、
中盤以降の展開が不利になりやすいです。

《Assembler Anton》や《Primal Hunter》を上手く使って、
1:1交換以上を狙っていきたいです。

序盤にある程度ダメージを取れていれば、
中盤に火力や《MegaZeppelin》でトドメを刺しやすくなります。

Guideや《Surprise Attack》によるターン操作も絡めていけば、
相手は相当やりづらいでしょう。

全体除去に気を付けつつ、相手を爆弾地獄に沈めてみて下さい。